iPhoneアプリのMindNodeで作成したファイルをDropboxに保存するやり方

MindNodeのファイルをDropboxに保存

マインドマップを手軽に作成できるMindNodeというiPhoneアプリがここ最近のお気に入りです。今回はMindNodeで作成したファイルをDropboxに保存するやり方をご紹介します。Dropboxの他にもiCloudへの保存も可能なのでとても便利です。

Dropboxを有効にする

まずはマインドマップの一覧表画面の右上にある設定アイコンをタップします。

MindNodeの設定

次に共有という項目内にDropboxがあるので、これを有効に切り替えます。

Dropboxを有効にする

これでDropboxに保存できる状態になりました。マインドマップを作成したら下記のアイコンを選択します。

マインドマップを保存

「アプリに送信」をタップします。書き出しタイプにはPDFやPNGなどといった形式を指定することが可能です。他にもリッチテキストアウトラインやMarkdownアウトラインなども用意されています。

アプリに送信

「Dropboxで開く」というアイコンがあるので、これをタップします。

Dropboxで開く

最後に保存先を指定したら右上にある「保存」で完了です。これでDropbox内に自分が作成したマインドマップを入れることができます。

ファイルを保存

GoodReaderやEvernoteにも対応

今回はDropboxに保存する方法でしたが、その他にも以下のアプリに送信することもできます。

  • メール
  • iBooks
  • GoodReader
  • Skitch
  • Kindle
  • Evernote

割とメジャーなアプリには対応している感じなので、多くの人が使い易いと思います。特にDropboxに入れておけばパソコンやタブレットといった様々な端末から閲覧することができるので、非常に便利ですね。

価格は一般的なアプリに比べると少し高めですが、機能、デザイン、操作性がとても良いので個人的にはオススメです。

そんなわけで、iPhoneから手軽にマインドマップを作成したいという方は是非MindNodeを試してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives