iPhoneとMacのリマインダーが同期しない場合の解決方法

リマインダーの同期

iPhoneとMacでよく使うアプリの一つにリマインダーがあります。デザインやUI、使い方なんかがとてもシンプルだし同期させることもできるのでとても便利です。ただiPhoneとMacのリマインダーを同期させるためにはいくつか設定しなければいけないことがあります。

iCloudでリマインダーを設定する

iPhoneとMacのリマインダーが同期しないという場合は、まず両者でiCloudに同じアカウントでサインインした状態になっている必要があります。

そして、iPhoneの場合は設定アプリからiCloudを開き、以下のようにリマインダーを有効にします。

iPhoneのiCloudを設定

Macの場合はシステム環境設定からiCloudを起動させ、iPhone同様リマインダーにチェックをつけてオンの状態にします。

Macのリマインダーをオン

これでiPhoneとMacのリマインダーを同期させることができます。もちろんiPadでも同様にiCloudからリマインダーを有効にすることで同期するようになります。

あとはiPhoneからリマインダーに記録したものをMacで確認したり、またはその逆のことも可能になるので、とても便利になります。

たまにリマインダーにメモした内容がすぐに反映されない時があるんですが、少し時間を置くと勝手に更新されていたりします。この辺のタイムラグが少し微妙なので今後は瞬時に反映されて欲しいなーと思います。

今まではToodledoを使っていたんですが、最近はそこまで細かく管理することもなくなってきたのでリマインダーで充分な場合が多くなってきました。

何よりサクサク動作するし余計な機能もほとんどないのでとても使いやすいです。

Androidも使ってたりすると、また違うアプリになるのかもしれませんが、今のところメイン端末がiPhoneなのでとりあえずリマインダーで統一してみることにします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives