iPhoneのバッテリー節約に!低電力モードの設定方法と解除

丸一日iPhoneを使用すると心配なのがバッテリーの持ち具合です。特に残り20%を切るとハラハラしてきますよね。そこで便利なのがiOS9から搭載された「低電力モード」です。

バッテリー残量が20%以下になると低電力モードにするかどうか聞かれますが、20%以上のときでも手動で設定できるのでとても便利です。 というわけで、今回はiPhoneの低電力モードの使い方をご紹介します。

低電力モードとは?

そもそも低電力モードってなに? という方へ簡単に説明すると、iPhoneが充電されるまで電力消費を一時的に抑えることができる機能のことです。

アプリのバックグラウンド更新をはじめ、メールの取得や自動ダウンロードなどをオフ、もしくは削減してくれます。

iPhoneを使っていてバッテリー残量が20%以下になると低電力モードを勧めてきます。そして低電力モードをオンにしたまま充電して、バッテリー残量が80%以上になると自動で解除されます。

バッテリーをできるかぎり減らしたくないときに役立つ機能です。

メリットとデメリットについて

低電力モードでバッテリーを節約できるなら常にオンにしておけばいいのでは? と思いたくなりますが、実は欠点もあります。

iOS 9の「低電力モード」は処理速度が4割低下する

バックグラウンド処理も止まってしまうため、アプリによっては不便を感じることもあるかと思います。

とはいえ、それらを踏まえた上で使用するならとても便利な機能です。

前日にiPhoneを充電し忘れたときや、外で一日中使うときなど状況に応じてうまく使いこなしていきたいところですね。

手動で設定してみる

低電力モードを手動で設定する場合、まずは設定アプリのバッテリーをタップします。

設定アプリのバッテリー

低電力モードという項目があるので、スイッチを右へスライドさせて有効にします。

右へスライドさせて有効にする

すると画面右上に表示されている電池マークが黄色に変化します。これで低電力モードになったことを確認できました。

電池マークが黄色に変化

解除したい場合は逆にスイッチを左にスライドすればOKです。気軽にオンオフ切り替えれるのがいいですね。

終わりに

ここ最近iPhoneのバッテリーの減りが異常に早いときがあり、低電力モードを積極的に使うようになりました。モバイルバッテリーを持っていれば心配ありませんが、常に持ち歩いているわけではありませんからね。

iPhoneを少しでも長く使いたい方は、ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives