【ソースコード閲覧】iPhone6/6 PlusやiOS8のSafariエクステンションに対応したアプリ「View Source」

View Source

最新のiPhone6/6 Plusに対応したiPhoneアプリ「View Source – HTML, JavaScript and CSS」がとても使いやすかったのでご紹介します。iOS8のSafariエクステンション(拡張機能)にも対応しており、簡単にWebページのソースコードを閲覧することができます。

View Sourceの使い方

基本的な使い方は、まずView Sourceをインストールして起動します。すると「Go to URL」という入力欄があるので、ここにソースコードを見たいWebページのURLを入力します。

URLを入力

これでソースコードが表示されます。とてもシンプルです。

ソースコードが表示

Safariからソースコードを見れるように設定する

そしてさらに実用的なのが、Safariのエクステンションでも使えることです。

普段iPhoneからWebページを見る場合はSafariを使うことが多いので、View Sourceのアクティビティをオンにしておくだけで、簡単にソースコードを表示させることができます。

これは非常に便利です。

設定方法は、Safariで目的のページを開いたら以下のメニューアイコンをタップします。

Safariでソースコードを閲覧

続いて「その他」をタップします。

その他

アクティビティが表示されるので、その中にある「View Source」を有効にします。

View Sourceを有効

すると、メニュー内に先程までなかったView Sourceのアイコンが表示されるようになりました。

View Sourceのアイコン

あとはソースコードを見たいページを開いている状態で、このアイコンをタップすれば、以下のようにソースコードを閲覧することができます。

ソースコード閲覧

その他にもコードをコピーしたりメールで送ったりすることも可能です。

コードのコピーやメール送信が可能

試しに「Copy to Pasteboard」からコードをコピーしてみました。メモアプリにペーストしてみたところ、しっかりとコードをコピペすることができました。

コードをコピペ

スマホから気軽にWebサイトのソースコードを見たいという方やWeb制作者の方にはとても役立つアプリですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives