iOS 11の画像フォーマットをHEIFからJPEGに戻す方法

HEIFからJPEGに戻す方法

iOS 11にアップデートした時に気になったのが静止画です。一般的に写真のデータフォーマットはJPEGが使われますが、iOS 11からはこの標準フォーマットが「HEIF」というものになってしまいました。ファイルサイズが減るというメリットがある一方、写真データは今まで通りJPEGで統一したいという人もいるかと思います。今回はHEIFになったフォーマットをJPEGに戻す方法を紹介します。

高効率から互換性優先に変更

フォーマット

「高効率」と「互換性優先」のどちらかにチェックを入れる必要がありますが、デフォルトでは「高効率」になっています。これがHEIFになる設定です。

ここを「互換性優先」にすることで、写真を撮影した時のデータの形式がJPEGになります。正確には写真だけでなく、動画のフォーマットも変更されます。具体的な仕様は下記の通り。

  • 高効率・・・HEIF/HEVC
  • 互換性優先・・・JPEG/H.264

互換性に関しては今のところやはりJPEGが便利ですが、ファイルサイズという点からみるとHEIFもかなり魅力的ですね。

HEIF・HEVCの読み方は?

ちなみに、HEIFとHEVCの読み方ですが、HEIF(エイチイーアイエフ、またはヒーフ)とHEVC(エイチイーブイシー)になります。

iPhoneでの撮影はHEIFでデジカメの撮影はJPEGでとなると、いろいろ扱いにくそうなので、どちらを優先するかじっくり考えたいところですね。

というわけで、以上、iOS 11の画像フォーマットをデフォルトのHEIFからJPEGに戻す設定方法でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

Archives