iPhoneの画面が暗くならない(消えない)ようにする設定方法

iPhone画面が暗くならない設定方法

iPhoneでネットを楽しんでいる時やアプリに熱中している時、ちょっとした用事を済ませるためにiPhone画面をそのままつけておきたい場面ってありますよね。とはいえデフォルトの状態だと少し時間が経つだけで画面が暗くなってしまいます。そこで今回は、iPhoneの画面が暗くならない設定方法をご紹介します。

自動ロックの時間を変更する

iPhoneの画面を明るいままにしておくやり方はとても簡単です。設定アプリの「一般」から「自動ロック」をタップします。

自動ロックの時間は「30秒、1分、2分、3分、4分、5分」のなかから選択できるほか、「しない」という選択肢も用意されています。

ちなみにデフォルトの自動ロックは「1分」になっています。これだと画面をつけた状態でiPhoneを置いててもすぐに暗くなっちゃいますよね。そこで、自動ロックの値を「しない」に設定します。

自動ロックの時間を変更

これで画面をつけたまま放置しても勝手に暗くならないので安心です。

ただ、当たり前ですがバッテリーの持ちは悪くなりますし、セキュリティ的にも注意が必要になります。自宅に一人で過ごしている時にはいいかもしれませんが、外出する際は「30秒、1分、2分、3分、4分、5分」のいずれかの値に戻しておく方が無難かなーと思います。

とはいえ画面を暗くしない設定方法は、覚えておくと意外と役立つシーンがあるので、気になる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

以上、iPhoneの画面を明るいままにしておくやり方のご紹介でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives