MacにiPhoneを接続したときに「写真」アプリを自動で起動させないための設定方法

「写真」アプリを起動させない

MacにiPhoneを接続するとデフォルトの設定では自動的に「写真」アプリが起動するようになっています。「写真」アプリを使っている人には便利な機能ですが、使っていない人には必要ないですよね。

というわけで、今回は「写真」アプリを自動で起動させないための設定方法をご紹介します。毎回「写真」アプリを手動で終了させる手間をなくしたいという人は、ぜひ試してみてください。

「写真」アプリの自動起動を止めるやり方

まずはMacとiPhoneをLightning-USBケーブルで接続します。すると「写真」アプリが起動します。

読み込み画面の左上らへんに「このデバイスを接続した時に"写真"を開く」という項目があるので、ここのチェックを外します。

チェックを外す

これで「写真」アプリが自動的に立ち上がらなくなります。

iPhoneをMacから充電だけしたいときやiTunesで写真以外のものを同期させたいときなど、意外と写真以外の目的でMacとiPhoneを接続させるシーンって多いですからね。

普段、Macの「写真」アプリを使っていないという人は、この設定をしておくと手間が省けて便利です。

というわけで、以上、「写真」アプリを自動で起動させない設定方法でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives