Macの起動時にアプリケーションを復元させない方法

Macの起動時にアプリケーションを復元させない方法です。アプリのウィンドウを閉じないでアプリを終了させた時なんかに、起動時にいきなり復元されることがあります。便利な機能なのかもしれませんが、個人的には煩わしいので復元させないようにしてみました。以下はその時のやり方です。

システム環境設定の一般から

やり方は簡単で5秒くらいで設定できます。システム環境設定の中の「一般」を開きます。

システム環境設定の一般

で、その中に「アプリケーションを終了するときにウインドウを閉じる」という項目があるのでそれにチェックをつけます。

「アプリケーションを終了するときにウインドウを閉じる」にチェック

これで、Macを起動した時にアプリが復元されることがなくなるかと思います。自分がすぐに取りかかりたい作業がある時なんかに、いきなり前に使い終わったアプリが起動し始めて待たなきゃいけないといったタイムロスがなくなりますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives