MacにMySQLとphpMyAdminをインストールする手順

MacにMySQLとphpMyAdminを色々調べながらなんとかインストールできたので、その手順を今後の為にメモしときます。今回はMacPortsを使ってインストールしてみました。ハマった点としては、MySQLのソケットのパスを変更する部分ですかね。1カ所だけかと思ったら、2カ所変更しなきゃいけなかったんですね。ということで以下、その手順です。

MySQLのインストール&設定

まずはMySQLをインストールしてみます。最初、以下のようにインストールしてみたのですが、MySQL起動時にうまくいきませんでした。

$ sudo port install mysql5 +server

で、以下のように再度インストールしてみるとうまくいきました。

$ sudo port install mysql5-server

こちらのサイトが参考になります。

そして、MySQLを初期化します。

$ sudo -u mysql mysql_install_db5

MySQLを起動して、SUCCESS!と表示されればOKです。

$ sudo /opt/local/share/mysql5/mysql/mysql.server start

rootユーザーにパスワードを設定します。

$ /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqladmin -u root password '好きなパスワード'

ログインしてみます。

/opt/local/lib/mysql5/bin/mysql -u root -p

ログアウトする場合はmysqlのプロンプトの後に以下。

exit

自動起動にする場合は以下のようにするといいみたいです。

$ sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist

phpMyAdminのインストール&設定

ブラウザからもデータベースを操作できるようにしたいので、phpMyAdminをインストールしていきます。

まずは以下のURLからダウンロードします。今回はphpMyAdmin-3.4.9-all-languages.zipを選択してみました。

上記のファイルを解凍してphpmyadminという名前で自分の作業用ディレクトリに入れます。そして、ブラウザにアクセスしてログインしようとすると以下のエラーが出てログインできませんでした。

#2002 MySQL サーバにログインできません

どうやらMySQLのソケットパスが違うみたいなので、php.iniを作成する必要があるそうです。

$ sudo cp /etc/php.ini.default /etc/php.ini
$ sudo chmod +w /etc/php.ini

で、自分の場合は1219行目と1278行目にmysql.default_socketが記述されていたので、パスを以下に変更します。2カ所変更しなきゃいけないんですね。

mysqli.default_socket = /opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sock

Apacheを再起動します。

$ sudo apachectl restart

再度ブラウザからphpMyAdminにアクセスしてみると、無事ログインすることができました。

今回参考にしたサイトは以下のとおりです。どれもとても参考になり、ほんと助かりました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives