iPhotoの画像データの保存先フォルダの場所

Macの画像管理アプリ「iPhoto」を使っていてちょっと気になったんですが、画像データが保存されているフォルダの場所がどこにあるか中々見つからなかったので調べてみました。ということで画像データの保存先のフォルダまでの行き方をメモしときます。

画像データの保存先

Finderに入っている「ピクチャ」を開きます。その中に、iPhoto Libraryというのがあります。ここで右クリックして「パッケージ内容を表示」を選択します。

パッケージ内容を表示

そうすると、フォルダやファイルなどが色々入っているので、その中にある「Masters」というフォルダに画像データが入っています。

具体的には「年」→「月」→「日」という階層順になっていて、例えば2012年7月20日に画像を保存していたら、Masters → 2012 → 07 → 20 という階層になっています。

それにしてもiPhoto Libraryを右クリックで「パッケージ内容を表示」というのがちょっと分かりづらかったですね。ちなみにiPhoto Libraryを普通にダブルクリックするとiPhotoアプリが起動されます。

ということで、以上iPhotoの画像データが入っているフォルダの場所についてでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

Archives