Macの「command + z」で消えたものを元に戻すショートカットキーのやり方

command + Zを戻す

Macでよく使うショートカットキーに「command + z」があります。前コマンドの取り消しをしてくれるショートカットキーなんですが、たまに間違ってこれを実行して今まで作った文章が消えてしまったりすることがあります。

前コマンドのやり直し

command + zを誤って押してしまった場合、元に戻すにも戻らなくなってしまった…… なんていう悲しい状況に陥ってしまう可能性があるので、そんな時のために元に戻すためのショートカットキーを覚えておくと便利です。

やり方は「command + shift + z」です。これで前コマンドのやり直しをすることができます。

以前テキストエディットで文章を作成していた時に、command + zを押してしまい元に戻らなくて困ったことがあり、それをきっかけにして元に戻すやり方を調べたところ、command + shift + zのやり方を知りました。

今までせっかく作ったテキストが消えて戻らなくなるとかなり焦ってしまうので、とりあえずMacを普段から使っているなら覚えておいた方がいいショートカットキーだなーと思いました。

command + zならほとんどの方が知っていると思いますが、command + shift + zって日頃あまり使わないので意外と知らない方もいるんじゃないかなって思います。

そんなわけで覚えておくとちょっと役立つショートカットキーのやり方についてでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives