Macでスクリーンショットの保存形式をJPEGにするやり方

MacのスクリーンショットはデフォルトではPNG形式で保存されるんですが、これをJPEGで保存するやり方のメモです。PNGだとJPEGよりも容量が大きくなったり、毎回スクリーンショットをブログなどで使う場合には、その都度JPEGに変換するが面倒だと思います。なので、最初からJPEGで保存されるように設定すれば、少しは楽ですね。

やり方

やり方はとても簡単です。ターミナルを起動して、以下を入力するだけです。

defaults write com.apple.screencapture type jpg;killall SystemUIServer

たったこれだけで、常にスクリーンショットを撮る度にJPEG形式で保存されるようになります。

PNGからJPEGに変換

ちなみに jpg の部分を変えることで、他の形式でも保存することができます。

defaults write com.apple.screencapture type 【保存したい形式】;killall SystemUIServer

例えば、gif、pdf、psdといった形式でも保存が可能です。で、元のPNGに戻したい場合は、以下のように入力すればOKです。

defaults delete com.apple.screencapture type;killall SystemUIServer

こんな感じで、Macのスクリーンショットの保存形式を簡単に変更することができるので、デフォルトのPNG形式から変更したいという方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

Archives