Macでデスクトップ毎にアプリを割り当てる(固定する)設定方法

no-image

Macには複数のデスクトップが用意されていますが、特定のアプリを起動した際に「このアプリはこのデスクトップで使いたい」なんて場面が出てきます。毎回さすがに手動でアプリを移動させるのは手間なので、今回はデスクトップ毎にアプリを割り当てる(固定する)設定方法を紹介します。この設定をしておけば、アプリ起動時に指定したデスクトップに配置されるのでとても便利です。

オプションからデスクトップを指定

やり方はとても簡単です。まずは割り当てたいデスクトップへ画面を移動させ、その状態でDock内のアプリを右クリックしてメニューを開きます。そしてその中にある「オプション」内から「このデスクトップ」という項目を選択します(選択するとチェックが付きます)。

アプリの割り当て

これで、次からこのアプリを起動すると、このデスクトップでアプリが開かれるようになります。

こんな感じで、デスクトップ毎にいつも置いておくアプリがあらかじめ決まっている場合はどんどん設定してあげると作業を効率よく開始できるようになるはずです。

アプリを起動する度に手動で移動させるのがめんどくさいと感じている人は、ぜひアプリを任意のデスクトップに割り当ててみてください。

というわけで、Macでデスクトップ毎にアプリを割り当てる設定方法でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

Archives