Photoshopで雪のブラシを使って簡単に自然な雪を降らせる方法

Photoshopのブラシで雪を降らせる方法

冬の寒いイメージを表現するために、Photoshopを使って雪を降らせたいという方は多いのではないでしょうか?

そんなときはブラシを使えば簡単に雪を降らせることができます。というわけで、今回はPhotoshopのブラシで自然な雪を降らせる方法をご紹介します。

「雪の降る日に写真を撮ったけどあんまり写ってなかった」というときにも便利です。

Snow Brushを使う

Snow Brush

Photoshopのブラシの読み込み方(.abrファイルの追加方法)について

まずは雪を降らせたい画像をPhotoshopで開きます。

雪を降らせたい画像を開く

Snow Brushをインストールすると、このようなブラシが追加されるので、これを選択します。

Snow Brushのブラシ

続いて新規レイヤーを作成します。上部メニューから「レイヤー」→「新規」→「レイヤー」を選択します。Macでのショートカットキーは「shift + command + N」です。

新規レイヤーを作成

ブラシの直径を任意の値に調節したら、画像に雪を描いていきます。全体のバランスを見ながら描きます。

画像に雪を描く

画像にもよりますが、ここではちょっと雪が白すぎて不自然だったので、レイヤーの不透明度を70%に変更してみました。

レイヤーの不透明度を変更

しんしん降る雪を表現したい場合はこれだけでもOKですが、今回はもうちょっと風が吹いているイメージにしたかったので、また新規レイヤーを作成します。

新規レイヤーを作成

新しく作ったレイヤーに、また雪を描いていきます。先ほどと同様に不透明度を70%に設定しました。そして風を表現するために、ぼかしを使います。上部メニューから「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(移動)」を選択します。

ぼかし(移動)

角度と距離を設定します。どの方向から雪を降らすか(角度)、どのくらいの速度で雪を降らすか(距離)を画像を見ながら調節していきます。ここでは「角度:45、距離:6」にしました。

角度と距離を設定

最後にこれらのレイヤーを統合して完成です。最初の画像と比較すると、こんな感じになります。

最初の画像と比較

というわけで、Photoshopで雪のブラシを使って自然な雪を降らせるやり方でした。写真に雪を追加したいという方は、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives