PhotoshopのCamera Raw フィルターで「かすみの除去」を使ってみる

Photoshopの「かすみの除去」

前回、Lightroomの「かすみの除去」を使いましたが、今回はPhotoshopで「かすみの除去」を使ってみました。Lightroomと同様、とても簡単に霞んだ風景写真をクッキリさせることができるので、写真好きの方は覚えておきたい機能の一つですね。

今回はJPEG画像で試しましたが、RAW画像でも使えます。

かすみの除去の使い方

まずはPhotoshopで霞みを除去したい画像を開いたら、上部メニューの「フィルター」から「Camera Raw フィルター」を選択します。ショートカットキー(Macの場合)は「shift + command + A」です。

Camera Raw フィルターを選択

Camera Rawの画面が表示されるので、そのなかの右側にある「効果」のアイコンをクリックします。このなかに「かすみの除去」という項目が入っています。

かすみの除去

スライドを右へ移動させるとかすみを除去して、左へ移動させるとかすみが加わります。ここでは右へ移動させてかすみを除去しました。

かすみを除去する

全体的に色が鮮やかになり、コントラストも強くなりました。霞んで少し印象が薄かった山の姿がクッキリしました。

できあがったら右下にあるOKボタンをクリックすれば完成です。

ちなみにCamera Raw フィルターを適用する場合、再度やり直しができるようにスマートオブジェクトに変換しておくと便利です。

レイヤーパネルの右側にあるアイコンをクリックすると、

レイヤーパネルの右側にあるアイコン

「スマートオブジェクトに変換」という項目が表示されるので、これをクリックします。

スマートオブジェクトに変換

この状態で先ほどのかすみの除去を適用すると、このようなレイヤーになります。

かすみの除去適用後のレイヤー

これで、かすみ除去の値を再度調節したくなったら、Camera Raw フィルターという部分をダブルクリックすると、Camera Rawの画面が表示されます。

Camera Raw フィルター

Camera Raw フィルターを何度も調整したいときに活用したい機能です。

というわけで、以上、PhotoshopのCamera Raw フィルターにある「かすみの除去」の使い方でした。LightroomよりPhotoshopを使う機会が多い方には、うれしい機能ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives