Lightroomで「ディスクから削減」と「除去」の違い

「ディスクから削減」と「除去」の違い

Lightroomで写真を選別している時によく迷ってしまうのが「ディスクから削減」と「除去」の違い。覚えている時はいいんですけど、たまにど忘れしてしまって「どっちだったけ?」ってなることが多いです。

元データを削減するかカタログからのみ削減するか

写真を削減する場合はライブラリモジュールで削減したい写真を選択して右クリックから「写真を削減…」を選択します。またはdeleteキー(Macの場合)を押します。(Windowsの場合はBackspaceキーです。)

すると「選択したマスター写真をディスクから削除しますか、またはLightroom からのみ除去しますか?」というメッセージが表示されます。

その下には「削減すると、ファイルが Finder のゴミ箱に移動し、Lightroom から削減されます。」と書かれています。

両者の違いを簡単に説明すると、カタログから削減すると共に元データも一緒に削減するか、もしくはカタログ内からだけ削減するかのどちらかになります。

「ディスクから削減」で元データも削減され、「除去」でカタログからのみ削減されます。

ちなみにアドビの公式ページには次のように書かれています。

  • 除去 写真をカタログから除去しますが、「ごみ箱」(Windows)または「ゴミ箱」(Mac OS)には送りません。
  • ディスクから削除 写真をカタログから除去し、「ごみ箱」(Windows)または「ゴミ箱」(Mac OS)に送ります。

Lightroom ヘルプ | 写真の管理

というわけで、手っ取り早く元データごと削減したい場合は「ディスクから削減」を選択して、とりあえず元データは残したままにしてカタログ内から削減する場合は「除去」を選択すればOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives