Lightroomの周辺光量調整で画面の四隅を補正する

Lightroomの周辺光量調整

一眼レフで写真を撮っていると、たまに写真の四隅が暗くなったりすることがありますよね。こんな時はLightroomの周辺光量調整という機能を使えば簡単に補正できます。とても便利な機能なので、それなりに使う機会も出てくるかと思います。簡単にすばやく補正することができるので覚えておいて損はないですね。

適用量と中心点の設定

現像モジュールで右側のレンズ補正パネルから周辺光量調整を使うことができます。

Lightroomで周辺光量調整

適用量スライダーを左(マイナス値)にすると暗くなり、右(プラス値)にすると明るくなります。

マイナス値とプラス値

中心点スライダーでは補正する範囲を設定することができます。左(低い値)に動かすと補正する範囲が広くなり、右(高い値)に動かすと範囲が狭くなります。

その画像に合わせて任意で範囲を決めることができます。

中心点で範囲を決める

せっかくいい感じの写真が撮れたのに周辺の光量が微妙という時はこれを使って少しでも仕上がりのいい写真にしていきたいですね。

というわけで、Lightroomの周辺光量調整で画面の四隅を補正するやり方でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives