Lightroomでノイズ軽減(輝度ノイズ、カラーノイズ)を設定してみる

ノイズ軽減

Lightroomで便利な機能の一つに、ノイズ軽減があります。画像を拡大してみると、ざらついたノイズが目立つことがあるので、そういう時にノイズを軽減させることができます。ただし、やり過ぎると画像の解像感が失われてしまう可能性があるので注意が必要です。

輝度ノイズとカラーノイズ

ノイズ軽減には大きく分けると輝度ノイズとカラーノイズの二種類があります。輝度ノイズは、ざらついたグレーの点のようなもので、カラーノイズは色がついた点のようなものになります。

ノイズ軽減の設定は簡単で、右メニューのディティールパネル内にあるノイズ軽減から調整していくことができます。

ノイズ軽減

以下は実際にノイズ軽減の輝度を30に設定してみた例です。これだけでも、だいぶ画像が滑らかになりました。

ノイズ軽減の輝度を設定

ディティールを低下させたくない場合は、ディティールの数値をそれに応じて上げていきます。また、コントラストでは輝度のコントラストを調整することができます。数値を上げる程コントラストが高くなり、下げる程コントラストが低くなっていきます。

ちなみにカラーノイズにはコントラストの設定はなくて、ディティールの設定があります。

ということで、Lightroomでノイズ軽減を設定するやり方でした。画像を少しでも美しく仕上げるためにも覚えておきたい機能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives